食べても美味しいApple Watchを手に入れた!

applewatch07

とうとうApple Watchが発売されましたね。
手に入れた人たちは続々と、動画やブログ記事などでレビューを投稿しているようで、軒並み感触はよさそうな印象を受けました。

そんな自分のところにも、ついに!
食べても美味しいApple Watchが届きました!

 

例によってphotoshopでの加工品です

言わずもがな、果物のりんごの写真をチョイスしました。

applewatch01

 

次に、壁掛け時計の写真をチョイスします。
次のステップで、りんごと合成するための素材になります。

applewatch02

 

時計盤のところをパス抜き

時計盤以外の部分は不要なので、必要な部分だけをパス抜きしましょう。
楕円形選択ツールを使って(長針のはみ出た部分も)ざっくり切り取ります。

applewatch03

 

時計盤のグレーの部分を削除し、りんごに馴染ませる

時計盤のグレーの部分は不要なので削除しましょう。
(レベル補正とチャンネルを使ってがんばって削除しました)

針と記号だけが残ると思いますので、りんごの角度にあわせて変形させます。

また、色味もりんごに馴染むよう茶系にしました。

applewatch04

 

APPLE WATCHの文字に沿ってりんごの皮を剥く

左のりんごにも何か加工をしたいので、APPLE WATCHと商品名を入れることにします。

テキストツールでAPPLE WATCHと入力して、皮を剥いたときの白っぽい色にします。
実際に皮を剥いたように見せるため、テキストのエッジを少しいびつにしました。

applewatch05

 

ロゴマークのようなものをつけて完成!

最後にロゴマーク(のようなもの)を形どって終わりにします。

りんごマークを配置してそのレイヤーに、実際にりんごをかじった後の写真をマスクしました。
これで完成です!世界に一つだけのしょうもないAPPLE WATCHができました。

applewatch06


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る