インド人料理人を天皇の料理番にするチュートリアル

cooking08

 

天皇の料理番ってどんな感じの方なんでしょうね。
今回は、どこにでもいるオーソドックスなインド人料理人を、天皇の料理番っぽくする方法をご紹介します。

 

まさに今料理中のインド人をチョイス

今回加工していくのはこちらのインド人の方です。
慣れた手つきで謎の液体を鉄板の上にとばしていますね。ベテランの風格が漂っています。

cooking01

 

黄金の兜を装備させてみる

天皇に仕える身としては、当然服装にも気をつかっているはずです。
貧相に見えないように、黄金の兜を装備させてみました。

これで防御力アップも間違いなしです。

cooking02

 

黄金の甲冑も装備させてみる

兜をつけたので、当然身体にも何かつけなければ格好がしまりません。
ということで、黄金の甲冑を着てもらいました。

cooking03

 

鉄板の上を一旦空にする

厳かな料理風景のはずなのに、得たいのしれないものをつくっているのはあまりよくないので、
一旦鉄板を空っぽにしましょう。

cooking04

 

ハンバーガーを配置

見た目で何の料理かがすぐわかるようにしたかったので、ハンバーガーを大きく配置しました。
というかここは重要な部分ではないので、なんでもいいんです。

cooking05

 

フランベっぽく、火柱を立たせる

料理してるぞ!という感じを全面にだすにはフランベは最適な方法の一つです。
ということで、ハンバーガーに火柱を立たせて豪快に料理をさせてみました。

cooking06

 

番人を二人たたせて完成!

天皇の料理番とはいえ、一人ぼっちじゃ寂しすぎるので、背後に二人番人を立たせてみました。
厳かな感じがでてきましたね!もう、これで完成にしましょう!

cooking07


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る