脱初心者!photoshopで枠線を簡単に描く方法

stroke18

photoshopを覚えたての頃は、枠線を描くのにもどうすればいいのかと四苦八苦したものです。
あの頃の苦労を思い出しながら、今回は枠線の基礎的な描き方をご紹介します。

 

オーソドックスな枠線の描き方

もっともオーソドックスな枠線の描き方からご紹介します。

まずは長方形選択ツールを選んで、四角形の選択範囲をつくりましょう。
(Shiftを押しながらドラッグすることで正方形の選択範囲がつくれます)

stroke01

 

選択範囲はそのままで右クリックをしましょう。
メニューが表示されるはずなので、「境界線を描く」を選択しましょう。

stroke02

 

境界線のパネルが表示されますので、線の幅と線の色を指定し、OKボタンを押しましょう。

※位置という項目から、内側・中央・外側のいずれかを選択できます。
これについては、下で開設します。

stroke04

 

あっという間に四角形の枠線が出来ましたね。

stroke05

 

先ほどちらっと触れた「位置」という項目につきましては、
それぞれ以下の図のようになります。

内側が選択範囲の中に、中央は選択範囲の中央に、外側は選択範囲の外側に枠線ができます。
(そのまんまですね)
※中央と外側の場合、枠線がちょっと角丸になります。

stroke06

 

楕円形選択ツールを選んだ場合、同様のやり方で円の枠線ができます。

stroke07

 

少し複雑な形の枠線にチャレンジ

先ほどとは違うやり方で、色んな形の枠線にチャレンジしてみましょう。

多角形ツールを選んで、シェイプレイヤーを選び、角数に任意の数字を指定しましょう。
(以下の図をご参照ください)

stroke08

 

多角形が描けたら、そのレイヤーの塗りつぶしを0%にしちゃいましょう。

なお、不透明度と塗りつぶしの違いは以下です。
不透明度:レイヤー効果も対象
塗りつぶし:レイヤー効果は対象外

stroke09

 

多角形が見えなくなったら、レイヤーの上で右クリックを押して、レイヤー効果をクリックしましょう。

stroke10

 

レイヤースタイルパネルが開きますので、境界線をクリックして、
枠線の幅、位置などを指定しましょう。

stroke11

 

あっという間に多角形の枠線が完成しました。

stroke12

 

同様のやり方で星型の枠線も作れます。
多角形選択ツールを選択し、シェイプレイヤーを選び、多角形オプションより星型にチェックをつけましょう。
(辺のくぼみや角数も任意の数値をいれておいてください)

stroke13

 

角丸の枠線もつくれます。
角丸長方形ツールを選び、シェイプレイヤーを選択、丸みに数値をいれれば、簡単に枠線が完成します。

stroke14

 

また、カスタムシェイプとしてもっているものならなんでも枠線をつけることができます。
矢印もこのとおり!

stroke15

 

色んな枠線を描くこともできます

レイヤースタイル>境界線の塗りつぶしタイプを変更することで、美しいグラデーションの枠線を作ることも出来ます。

stroke16

 

塗りつぶしタイプにパターンを選ぶことで、枠線に質感を持たせることも可能です。

stroke17

 

まとめ

枠線もただ描いて終わりではなく、色んな応用を効かせることで面白い表現が可能になります。
意外と奥深い枠線を使いこなしていきましょう。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る