ペットと飼い主の感動的なシーンを台無しにしてみた

pet08

犬ってとても従順ですよね。
それこそ飼い主がどんなひどい扱いをしようと、ひたすら飼い主のことを想い続けてくれます。
そんな犬だからこそ、ペットを飼っている人は感動的な物語・シチュエーションと出逢うことは多いと思います。

今ここに飼い主とペットの犬であろう写真があります。
シルエットだけですが、何か胸にぐっとこみ上げてくるものを感じますよね。
今回はこちらの写真を加工していきたいと思います。

 

余計な加工はなし!犬と飼い主のみで色んなシチュエーションをつくる

今回は、余計な加工は一切加えません。
この写真のなかにあるシルエットのみをつかって、色んな感動的なシチュエーションをつくっていきます。

pet01

 

シーン1 男同士の闘い

いきなりペットの犬が消えましたね。すいません。
お互いサシで向かい合っています。このポーズは・・・相撲に違いありません!

pet02

 

おや・・・・

pet03

 

LOVE!

pet04

 

シーン2 子連れのペットをお出迎え

一匹より二匹、二匹より三匹ですよね。
ということで親子連れにしました。感動的です!

pet05

 

シーン3 ブレーメンの音楽隊

ペットが必死になって自分の身体を大きくみせようとしています。
心を打たれますね。

pet06

 

シーン4 じゃれあい

飼い主とペットのじゃれあいです。
のろけですよね。お熱いな!

pet07

 

シーン5 駆けっこ

男性が追われている光景ではありません。
あくまで一緒に駆けっこをしているだけです。いやー、やはり「飼い主とペット」という構図は感動を生みますよね!

pet08


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る