今後はスマホ対応が必須?Googleが掲げるモバイルフレンドリーを徹底研究!

mobile01

2015年4月21日、Googleはモバイル検索におけるスマホ対応サイトの評価をあげる「モバイルフレンドリーアップデート」を行いました。
スマホ未対応のサイトにとっては今回の検索アルゴリズム変更の影響はとても大きく、モバイル検索時にサイトの順位が大幅に下がってしまったという方は多いことでしょう。

突然やってきた検索アルゴリズムの荒波にどうやって対応していけばいいのか?
それにはまず、「モバイルフレンドリーとは何か?」ということから順を追って説明していこうと思います。

 

モバイルフレンドリーって何?

モバイル端末にフレンドリー(友好的)なサイトのことです。
フォントが見やすいサイズになっていたり、ボタンやテキストリンクがタップしやすいサイズになっていたり、モバイル端末に対して配慮したつくりになっているかが重要なポイントです。

具体的には以下のように定義されています。

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

参考:検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために | ウェブマスター向け公式ブログ

 

なぜモバイルフレンドリーにする必要があるの?

例えば、スマホで何かを検索したときに、PCサイトがそのまま表示されてしまったことはありませんか?
グローバルメニューやサイドメニューが設けられていて、ユーザーの動線を考えられたつくりになっているはずなのに、
そもそも画面が小さすぎて何も見えない。

探したい情報を探すためには、ピンチインで画面を拡大して、ドラッグで画面を移動しながら探すという、
やりたくもない宝探しを長時間強いられてるようですね。
そんなに時間をかけた上に、結局求めている情報がなかったときはユーザーはどんな気分になるでしょうか?
こんな非生産的な作業はすぐにでも改善しなければいけません。

サイトのファーストビューにはナビゲーションが整っており、探したい情報がどこにあるのか一目でわかるよう設計するのは大事なことですし、ユーザーには極力、拡大や縮小操作をさせることなく、快適にサイト内を移動できるよう設計することも必須と言えます。

デスクトップPCよりもスマホのシェアが増えてきた昨今、モバイルユーザーが迷うことなく、求めている情報を探しだせる環境を提供することは非常に重要です。

 

PCでの検索にも影響があるの?

今回のモバイルフレンドリーアップデートはモバイル検索時のみに適用されるものだそうです。
その為、PCでの検索結果には影響がでることはありません。

    • 携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
    • 世界中のすべての言語で検索結果に影響する
    • ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

参考:モバイル フレンドリー アップデートを開始します | ウェブマスター向け公式ブログ

 

ページがモバイルフレンドリーであるかどうかの調べ方

あなたのページがモバイルフレンドリーかどうか確かめる方法をご紹介します。

モバイルフレンドリーテスト

Googleでは、ページの設計がモバイルフレンドリーであるかどうかをテストするサービスが用意されています。
調べたいページのURLを入力するだけで、すぐに結果を返してくれます。

モバイルフレンドリーテスト

ページがモバイルフレンドリーではないと判断された場合は、考えられる理由とどう対策をしていくべきかのガイドラインが表示されます。

モバイルフレンドリーではないと考えられる理由については主に以下の4点があげられます。

  • テキストが小さすぎて読めない。
  • リンク同士が近すぎる。
  • モバイル用viewportが設定されていない。
  • コンテンツの幅が画面の幅を超えている。

 

モバイルユーザビリティレポート

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)のメニューにモバイルユーザビリティという項目を選択してください。

ページ単位で(モバイル閲覧時の)影響を及ぼしている問題点を指摘してくれます。
表示される問題点は、モバイルフレンドリーテストで指摘された項目と似ています。

例えば、以下のような項目が挙げられます。

  • タップ要素同士が近すぎます。
  • フォントサイズが小です。
  • 固定幅のビューポート

これらを見る限り、Googleがモバイル閲覧時に重要視するのは、移動したいリンクボタン(テキスト)を正確にタップできるか、拡大しなくても文章を読むことができるか、左右にスクロールしなくてもコンテンツが画面幅におさまっているか、というような点だと想像できますね。

 

スマホ対策の方法

モバイルフレンドリーではないと判断された場合は、どう対策をしていけばいいのでしょうか?

CMSを使っている場合

例えば、サイト(ブログ)をMovable TypeやWordPressなどのCMSを使って構築している場合は、もっとも簡単な手順で済みます。

モバイルやレスポンシブに対応しているテンプレートを探して、現在のサイトに適用するだけでOKです。
コーディングやデザインが必要だったり、他に特別な準備は何もいらないので、すぐにモバイル対応のテンプレート適用を検討しましょう。

自分(外注)でオリジナルのサイトを作った場合

サードパーティが適用しているCMSを全く使っていないオリジナルサイトの場合、HTMLを組みなおす必要があります。

現状のサイトはそのままにして、別にスマホサイトを作る方法と、現状のサイトをてこ入れしてレスポンシブ対応させるという方法の2つあります。

スマホサイトを作る

多くの場合、サイトの根本から手を加えることが難しいと思われますので、別途でスマホサイトを作ったほうがスムーズに制作が進む場合が多いでしょう。

とはいえゼロから作ることには変わりがないので、やはりPCサイト作成時と同じくらいの工数は見ておいた方がいいでしょう。

※スマホサイトを作ったら、モバイルユーザーがきちんとスマホサイトを閲覧できるようリダイレクト処理を行いましょう。

レスポンシブ対応にする

一方のレスポンシブ対応を選択した場合は、現状のサイトのレイアウト(PC時の)を維持したまま、ブラウザ幅にあわせてモバイル用のレイアウトに最適化させなければいけません。
一つのソースで管理できるので、保守を考えると、PC・スマホの2個持ちより便利なのですが、デメリットも多いです。

  • PCとモバイルの両方に最適化しやすいようにデザインにあまり応用がきかない
  • ユーザー側でPC用(またはモバイル用)レイアウトを選択することができない
  • モバイルユーザーの場合でもソースを全て読み込まなければいけない

上記のように、スマホサイト・レスポンシブのいずれも一長一短がありますので、どちらの方法で対応するのかをよく検討しなければいけません。

 

スマホ対策後にやっておくこと

スマホ対応が終わったら、必ずGoogleに対して再クロールを依頼しておきましょう。
何もせずに自然にクロールされるのを待っていたら、思いのほか時間がかかってしまいます。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)のFetch as Googleを選択して、自分のサイトのURLを入力しましょう。

「インデックスに送信」を選択すれば、通常より早くGoogleにクロールされるようになります。

 

まとめ

モバイルフレンドリーアップデート以降、サイトのモバイル対応は必須作業になったと言えます。
モバイルでのアクセスを軽視して、対応を先延ばしにしていれば、知らぬ間にユーザーが離れていってしまいます。

また、SEOのために渋々対応するというのも間違っている気がします。
Googleのモバイル対応への取り組みは、ユーザーの利便性を最優先に考えてのものなので、
スマホ対応の先には常にユーザー満足があるということは常に忘れてはいけません。

制作側の意見としては、PCとスマホの両方を考える必要が出てきて工数ばかりかかってしまうイメージがしますが、
フリーのCMSテンプレートを使ったり、レスポンシブ対応のフレームワークを使うなど、工夫次第でいくらでも作業工数を少なくすることができます。

マルチデバイス化により、今後もデバイスに応じたサイト設計は重要度を増していくものと思われます。

時代の変化に柔軟に対応していくことが、ウェブマスターに望まれるスキルになっていくことは確実ですね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る