スマホでtarget=”_blank”は不要?大手サイトで比較検証してみました!

blank

「スマホサイトにtarget=”_blank”っていらなくない?」
そんな問題提起をされた記事を読んでから、結局何が正解なのかをずっと考えています。

これまで外部サイトへのリンクにtarget=”_blank”を設定するというのは、web制作者なら当たり前のこととして覚えてきました。
ですが、マルチデバイス化が進みスマホがPCに代わって台頭しはじめてからは「別タブでリンクが開いても閉じない」という、今まで想定しなかったユーザー層が増えてきたように感じます。

タブを閉じるのって面倒くさい

ちなみにこの問題を考えるきっかけになったのは以下の記事です。

スマートフォンユーザーは「閉じる」操作はしなくても「戻る」ボタンは頻繁に使うように思います。何も新しいタブにしなくても、同じタブで開いたページから「戻る」ボタンで戻ってきてくれる可能性ならある。
HTML の a 要素に target=”_blank” をつけるのはもうやめよう

確かに、スマホでネットを閲覧しているときは、PCのブラウザでネットを閲覧しているときに比べて「タブを閉じる」操作はあまりしない気がします。

タブを閉じる場合、
「タブ選択画面」を開いて → 閉じるタブを探して → ×ボタンで閉じる
という最低でも3つのステップが必要になってきます。

対して前のページに戻る場合は、
「前のページに戻る」ボタンをタップする
というワンステップで済むので、どうしても「前のページに戻る」操作のほうが頻繁に使用されます。

わずか2ステップの違いですが、PCと比べるとスマホは液晶画面が小さいので、細かい操作をするのに結構労力が必要だったりします。その労力の差が、スマホユーザーは「閉じる」より「戻る」操作を頻繁に使う、という結果に繋がっているのではないでしょうか。

じゃあ今後スマホサイトでは、target=”_blank”は使わないほうがいいのでしょうか?
今はなんとも言えない(どちらが正解とは言えない)、というのが現実です。

とはいえ「個人個人に任せる」という他人任せな結論では無責任なので、大手企業のサイトでは一体どうしているのかを比較してみました。

どれが正解・不正解か、という答えはだせませんが、他のサイトがどうしているのかを参考としてぜひ見てみましょう。

 

大手企業はtarget=”_blank”を使っているの?

ぱっと頭に浮かんだ大手企業さんのスマホサイトを以下に挙げます。

ライオン

lion

外部サイトへのバナーはすべて別タブで開きました。

 

花王

kao4つ並んでいる外部へのバナーは、同じタブで開きました。

 

トヨタ

toyota

SNSなどへのリンクはすべて別タブで開きました。

 

AllAbout

allabout

6つ並んでいる外部へのバナーは、同じタブで開きましたが、その下のSNSへのリンクは別のタブで開きました。

 

docomo

docomo

SNSなどへのリンクはすべて別タブで開きました。

 

日本郵便

jppost

外部サイトへのボタンはすべて別タブで開きました。

 

LIG

lig

外部サイトへのリンクは別タブで開きました。

 

KIRIN

kirin

外部サイトへのリンクは別タブで開きました。

 

三菱自動者

mitsubishi

外部サイトへのリンクはすべて別タブで開きました。

 

富士通

fujitsu

Facebook・Youtubeへのバナーは、同じタブで開きました。

 

結果発表

ランダムで大手サイトを10社見てみたところ、

別タブで開く 8社
同じタブで開く 3社
※1社のみ別タブと同じタブの併用をしていました

という結果になりました。

サンプル数が少ないので、参考程度にみていただければと思いますが、現時点では外部サイトへは別タブで開くというのが主流のようですね。
また見方を変えれば、target=”_blank”を使わないサイトが少なからずあったというのが新しい発見ではありました。

結論としましては、target=”_blank”をどうすべきかはまだ各々の判断に任せますといった感じですね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る