品のあるゴールドテキストをつくるphotoshopチュートリアル

gold10

明朝体に派手過ぎないゴールドをあしらうと、すごく品のあるテキストになります。
ポスターや広告などでよくそういうテキストをみかけることがあると思います。

今回は、意外と簡単に作れる「上品なゴールドテキスト」をつくる方法をご紹介します。

STEP1

新しいドキュメントを作成し、背景レイヤーにレイヤースタイル>グラデーションオーバーレイを適用します。
スタイルに円形、比率を140%を選択し、カラーを#000000から#443501に指定します。

gold01

 

質感のある背景ができました。

gold02

 

STEP2

新しいレイヤーを作成し、白で塗りつぶします。
さらに【フィルタ>テクスチャ>テクスチャライザー】を適用します。

gold03

 

テクスチャライザーをあてたレイヤーの描画モードを乗算に変更します。

gold04

 

STEP3

任意のテキストを追加します。
今回はTimes New Romanのフォントを使用しました。
※「A」は「V」を垂直方向に反転し、表現しています。

gold05

 

STEP4

テキストレイヤーにレイヤースタイル>グラデーションオーバーレイを適用します。
カラーの詳細は下図を参照してください。

gold06

 

STEP5

次にレイヤースタイル>境界線を適用します。
サイズは1px、位置は内側、塗りつぶしタイプにグラデーションを選択し、下図のようにカラーを指定します。

gold07

 

STEP6

次にレイヤースタイル>ベベルとエンボスを適用します。
スタイルをベベル(内側)、深さを151%、方向を下へ、サイズを0、ソフトを2px、ハイライトのカラーを#ffca86に指定します。

gold08

 

STEP7

最後にレイヤースタイル>ドロップシャドウを適用します。
描画モードを乗算、サイズを13pxに指定します。

gold09

 

これだけの簡単な手順でゴールドのテキストが完成しました。

gold10

参考:http://design.tutsplus.com/tutorials/gold-text-effect-photoshop–psd-63


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る