アーティスティックに加工した水彩風写真をつくるチュートリアル

paper14

写真を水彩風にすることはフィルタを使用すれば非常に簡単です。
今回は、水彩風にするだけではなく、写真の見せ方にも少しこだわったチュートリアルをご紹介します。

 

STEP1

まず新規ドキュメントを750px×410pxで作成します。
背景にこちらからダウンロードした古紙のテクスチャを使用します。

paper01

 

STEP2

新しいレイヤーを作成し、こちらからダウンロードした水彩ブラシを色んな色で塗ります。
お好みの色でかまいませんが、下図を参考にしてください。

paper02

 

STEP3

水彩ブラシを塗ったレイヤーをカンバスいっぱいに拡大します。

paper03

 

STEP4

そのまま【フィルタ>ぼかし>ぼかし(ガウス)】を適用します。
半径は110pxに設定します。

paper04

paper05

 

STEP5

消しゴムツールを使い、カンバスの中心付近のぼかしを消します。

paper06

 

STEP6

水彩風にしたい写真をご用意してください。

paper07

 

STEP7

【フィルタ>アーティスティック>ドライブラシ】を適用してください。
ブラシサイズは0、ブラシの細かさは10、テクスチャは1に指定してください。

paper08

 

STEP8

先ほどフィルタをあてた写真レイヤーを選択し、
【レイヤー>レイヤーマスク>すべての領域を隠す】を適用してください。

写真がマスクされ見えなくなります。

paper09

 

STEP9

マスクレイヤーに選択し、カラーを#ffffffにした水彩ブラシで塗っていきます。
ブラシで塗った部分のみ写真が表示されるはずです。

paper10-2

 

STEP10

写真レイヤーの下に新規レイヤーを作成してください。
下図のような彩度の低いカラーを選択し、水彩ブラシで塗ってください。

塗り終わったら、写真レイヤーを表示にしておいてください。

paper11

 

STEP11

写真の色味を微調整します。
新規調整レイヤー>トーンカーブで、明るすぎる写真を全体的に暗めにします。

paper12

 

STEP12

背景のテクスチャの色味により近づけるため、新規調整レイヤー>色相と彩度で色味を微調整します。

paper13

 

以上で完成です!

paper14

参考:http://www.icanbecreative.com/watercolor-effect-photoshop.html


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る