罪のないタコ焼きを絶対零度で凍らせるチュートリアル

takoyaki08

 

これまで炎でいろんなものを燃やしたり、湧き上がる闘志を表現したりということはしてきましたが、
凍らせるということはあまりしなかったように思います。

個人的な意見ですが、燃やすのは火をつけるだけなのに対し、
凍らすというのは色んな表現があってより難易度が高く感じます。

今回は、そんなハードルが高い(と思っている)凍らす(氷にする)加工にチャレンジしたいと思います。

 

美味しそうなたこ焼きの写真をチョイス

今回の被害者はこちらのたこ焼きさんです。
今からこちらのたこ焼きをありえないほどにカチンカチンに凍らせたいと思います。

takoyaki01

 

たこ焼きを霜まみれにする

凍らせるというと、氷になっている状態を連想してしまいがちですが、
現実ではあまりあり得ない光景なので、より現実的に凍らせていきたいと思います。

ということで、たこ焼きを霜まみれにしてみました。
※霜は【フィルタ>ノイズ>ノイズを加える】で白いノイズを表現して、余計な黒い部分は描画モードをスクリーンにすることで非表示にしてしまいます。

takoyaki02

 

たこ焼きから冷気をださせる

冷凍庫からだした直後の食品なんかは、まず白い冷気を放っていますよね。
レイヤースタイル>ドロップシャドウより、うっすらと白い冷気を出してみました。

takoyaki03

 

さらに霜(固形)を加えまくる

凍ってる状態を表現するには、まだ霜具合が足りない気がしたんです。
今回はたこ焼きをうっすら覆う霜ではなく、結晶のようになった固形の霜を随所に配置しました。

現段階だと全然霜にみえないですね・・・。ゴミか虫にみえてしまった・・・。
※ちなみにこの霜はブラシ(カリグラフィブラシ)のフラットな形を選択し、ブラシウィンドウから間隔・角度・散布等を設定して表現しました。

takoyaki04

 

たこ焼き機にも霜をつけちゃう

漠然と感じていた違和感は、たこ焼きのみに霜をつけていたから感じられたものだったんですね。

思い切ってたこ焼き機にも霜をつけてみました。
ちょっとだけ馴染んできましたね。

takoyaki05

 

全体の色味を調整し、完成!!

新規調整レイヤーの色相・彩度より、寒々しい色を選択し、描画モードをオーバーレイにしました。

なんというエターナルフォースブリザード。
一瞬で周りの大気ごと氷結させることに成功しました。

takoyaki06

 

おまけ

制作の過程で生まれた副産物をご紹介します。
試行錯誤してたら、真っ黒の消し炭になってしまいました。

つい煙も加えてしまいました。反省している。

takoyaki07


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る