アンコールワットの顔の彫刻をクールガイに差し替えてみた

今回は、先日の記事「アメリカ歴代大統領の中に普通のおじいちゃんを紛れ込ませてみた」と同じ顔の彫刻シリーズです。
アンコールワットの顔の彫刻の中にクールガイ(イケメンでナイスな男性)を紛れ込ませてみました。

 

アンコールワットの写真をチョイス

歴史を感じる写真ですね。この写真の顔の彫刻をクールガイに差し替えていきたいと思います。

encore01

 

差し替える男性の写真をチョイス

こちらの男性を歴史ある遺跡の中に紛れ込ませたいと思います。

encore02

 

男性の写真を2階調化する

遺跡に馴染ませるには、顔の余計な色味を取り除く必要があります。
写真を2階調化してモノクロの写真に加工します。

encore03

 

 

遺跡の中に男性を当て込む

男性の写真の描画モードを乗算にして、アフロ部分や洋服の部分などの不要な部分を削除します。
【イメージ > 色調補正 > 色相・彩度】で男性の顔の色を遺跡の色味に近づけるとより馴染みます。

encore04

 

アフロ部分も再現して完了!

せっかくなので、男性のチャームポイントであるアフロも再現しましょう。
コピースタンプツールを使って、頭の辺りを盛り上がった感じにすれば完了です。
時間があれば、陰影などもつけて立体感をだしてみましょう。

encore05


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る